• Facebook
  • Twitter

HOME > SPECIAL > Interview with AJ FOSIK

SPECIAL

Interview with AJ FOSIK

2011/09/03 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

REDonePRESS (以下R):
まず読者に簡単な自己紹介をお願いします。

AJ FOSIK (以下AJ):
AJ FOSIK、アメリカ出身、木工をやってるよ。

R作品制作の行程について聞かせてもらえますか?

AJ:木から獣を生み出すんだよ。

Rあなたの作品は全て動物や獣がモチーフとなっていますね。

AJ:そうなんだ。動物のむきだしの牙はとても直接的であるのと同時に不変のサイクルを完璧に表現している。例えば、無限性を秘めた動物の顎を見ているとそこには一つの確かな催眠術のようなものがあるんだ。それは確実に普遍的な魅力を持っているんだよ。

AJ wearing head_00

Rではそれらの制作に材料や道具以外で欠かせないものはありますか?

AJ:僕が信じている「成功するアーティストの秘訣」というのが…、あらゆる普通の仕事が出来ない中で空っぽの銀行口座に耐えられるっていう並外れた能力。
それがアーティストとして成功する…それか、どん底に落ちるかのレシピだね。2つに1つ、極端にどちらかって感じで。最終的に平凡に落ち着くなんていうのはあり得ないだろうね。
その耐え抜く能力こそが制作に欠かせないものかな。

Rそれじゃ制作意欲を一番駆り立てるものは?

AJ:こんな小さな作品でこの世界を変えたいっていう欲望かな。

Rそれじゃ作品について。あなたの作品にはアジア的なものを感じる部分があります。崇高なアジアの神様みたいな。
そういうものはあなたの作品にどこかで関連していますか?インスピレーションソースはどこにありますか?

AJ:うん、僕の作品にはいくつか“アジア”からの影響があるね。
僕は歴史上の全ての壮大な、かつ伝統的な形而上学的まやかしなどからインスピレーションをうけて描くことが好きなんだ。
僕は、ありとあらゆる文化や伝統が聖職者や彼らのナンセンスから少なからず影響を受けていているという事実に驚くよ。僕の作品もまた、そのような古い宗教的な誘惑と美を利用しているものの1つなんだよ。
ただ僕の作品の場合、僕の作品の裏に神が居るのではなく、個々の存在自体が善であり、現実的には僕ら自身しか居ないということを認識してもらいたいんだ。

0138370-R1-005-1_00

Rでは最近の制作テーマについて教えて?

AJ:人類が永遠と造り続ける神々像は私たちに科せられた呪いのようなものだと思う。
人間の集合的意識の中にはギトギトの黒光りした大きな腫れ物みたいなものがあって、それは人の手によって作られた神の生まれ変わりとされた化身たちだよ。これは人類が古くから行ってきた、こん棒を降ったり、火をおこしたり、洞窟を掘ったりする行動の最後の名残だよ。僕らは2千年前の砂漠の羊飼いたちが思っていたこと以上のことを知り得ているし、人類としての可能性が果てしなく大きいことも知っているにも関わらず未だにそのような神に執着していると見なされている。
僕の作品はただ顕微鏡的な切り口を見せているだけで、決して神秘性を秘めた脂っこい腫れ物を、人類の進歩のポテンシャルに歯止めをかける言い訳にして、やりで突ついている訳ではないんだよ。

Rではあなたのアーティスト活動における一番のミッションは?良い作品を残すこと?有名になること?それとも全く別のこと?

AJ:僕は嘘つきじゃないよ。正直に言って勿論自分のやっていることを評価されるのは嬉しい。でもそれは二の次だね。まず頭にあるのは作品のこと。次は僕の小さな核心を混沌の中に注ぎ込むために、僕の発するメッセージをどこかのシステムに注ぎ込むこと。
上手くいけばそのメッセージは広く響き渡るだろうね。

DSCF1962 DSCF1967

Rそれは壮大なテーマだね。それじゃ個人的な生活の幸せと不満を聞かせて?

AJ:作品を作ること自体が僕にとっての喜びだよ。
でも作っている途中で指に刺さったささくれを抜いている時が一番うんざりするんだ。

Rではこれが最後の質問。
日本でショーをすることに興味はある?つまり…僕らはそれを楽しみにしてるって意味だけど!!!!

AJ:YES !!!!!!!!!!

RありがとうAJ、楽しみにしてるよ!

とても真剣に答えてくれたAJ。頭の中の考えとイマジネーションは作品のビジュアルインパクトと神々しさにそのまま表れているよう。やっぱり彼の作品のようなどっしりした強烈な印象はそんな彼だからこそ生み出せるのだろう!
それよりも、本当に日本でエキシビションやってくれるの!?
これはもう今から楽しみだ!待ってるよ、AJ!!

RANKING

  1. 1

TWITTER

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.