• Facebook
  • Twitter

HOME > NEWS > Wolfgang Tillmans “Affinity”

NEWS

Wolfgang Tillmans “Affinity”

2014/01/20 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

六本木WAKO WORKS OF ARTでは、1月18日(土)より、写真家Wolfgang Tillmans (ヴォルフガング・ティルマンス)の新作展 ”Affinity” が開催されている。

今回の個展では、世界各地を旅しながら撮影をおこなった最新プロジェクト 「Neue Welt (新しい世界)」 からの新作のほか、印画紙に直接光や感光乳剤で操作を加えた結果、紙面に残留する塩化銀(silver chloride)などの化合物によって抽象絵画のような画面が生み出される「Silver」シリーズからの最新作、また、2メートル以上の大型インクジェット作品などが展示されている。

また『Neue Welt』のカタログが発表されて以降、ティルマンス作品の重要な要素として語られる機会が増えてきたレイヤー(重ね合わせ、多層構造)の要素が、個別の作品そのものにも備わっており、今回の新作展でもそのような作品が多く含まれている。

そしてティルマンス自身の編集によるアーティストブックWako Bookシリーズ最新刊『Wako Book 5』も刊行される。

———Information——————————————————

Wolfgang Tillmans “Affinity”

Artist : Wolfgang Tillmans
Place : WAKO WORKS OF ART
Address : 東京都港区六本木6-6-9 ピラミデビル3F
Date : 2014年1月18日(土) – 3月15日(土)
Time : 11:00 – 19:00
Closed : 日、月、祝
Tel : 03-6447-1820
——————————————————————————

【Wolfgang Tillmans (ヴォルフガング・ティルマンス)】

1968年ドイツ、レムシャイト生まれ、ベルリン在住。大学でデザインを学んだ後、ロンドン、NY、ベルリンに移り住む。1980年代から雑誌『i-D』等の媒体で作品の発表をおこない、1993年、ドイツのギャラリーでの個展を皮切りに現代美術作家としての活動を開始。2000年イギリスのターナー賞受賞。その後ロンドン・テートブリテン(2003、イギリス)やシカゴ現代美術館(2006、アメリカ)にて大規模な回顧展を開催し、日本では2004年、東京のオペラシティ・ギャラリーで国内美術館初の大規模個展を開催した。近年の主な展覧会には、ストックホルム近代美術館(2012、スウェーデン)、サンパウロ近代美術館(2012、ブラジル)、チューリッヒ美術館(2012、スイス)、Museo de Arte del Banco de la República(2012、コロンビア)、ノルトライン-ヴェストファーレン州立美術館(2013、ドイツ)、リマ美術館(2013、ペルー)、Museo de Artes Visuales(2013、チリ)等がある。
http://tillmans.co.uk/

RANKING

  1. 1

TWITTER

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.