• Facebook
  • Twitter

HOME > NEWS > プライベート・ユートピア ここだけの場所

NEWS

プライベート・ユートピア ここだけの場所

2014/01/22 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年1月18日(土)から3月9日(日)の間、東京駅内の東京ステーションギャラリーにて、”プライベート・ユートピア ここだけの場所 ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在”(原題 / Private Utopia : Contemporary Art from the British Council Collection)が開催されている。

ブリティッシュ・カウンシルは、教育機会と文化交流を目指す、英国の公的な国際文化交流機関であり、国境を越えた英国芸術への認知や文献の理解を広めるために、英国人アーティストによる芸術史における重要な作品を、彫刻、絵画、写真などを含め約9,000点所蔵している。

同機関のコレクションは常に本部の倉庫の中で特徴的な青色のクレートに保管、管理されていて、世界のどこかで展示会が企画された時のみに駆り出されるため、”壁のない美術館(Museum without Walls)”との異名を持つ。

そして、その膨大なコレクションから今回のエキシビションの為に選ばれたのは、かのYBAsを代表するTracey EminGary HumeSarah Lucasらを始めとする約30名のアーティスト達が1990年代以降に制作した約120点で、「物語」「風景」「わたし」「ユーモア」「引用」という五つの単語をキーワードに、英国芸術の現在と現代の時代性を読み解いていく。

また、”プライベート・ユートピア”というタイトルは、インターネットの躍進により、物理的には一人でも、技術を介して人々とコミュニケーションを取ることが可能な社会で、個々の成熟が自ずとルールを生成しながら、その価値観を全人類と共有している現代の世界を定義したもの。

時に辛辣なメッセージを直接的に吐露する英国の現代アート作品たちが、どのように独特な”わたし”観を持つ日本の人々に語り掛けるのだろうか。

なお、3月10日以降は、4月12日(土)から5月25日(日)まで伊丹市立美術館伊丹市工芸センター、11月2日(日)から12月23日(火・祝)は高知県立美術館、2015年1月9日(金)~2月22日(日)岡山県立美術館と各地を巡回する。

——————Information—————————————————————————————

プライベート・ユートピア ここだけの場所
ブリティッシュ・カウンシル・コレクションにみる英国美術の現在
~Private Utopia : Contemporary Art from the British Council Collection~

Artist : Anna Barriball / Jake and Dinos Chapman / Adam Chodzko / Marcus Coates
Martin Creed / Jeremy Deller / Peter Doig / Tracey Emin / Ryan Gander / Ed Hall
Roger Hiorns / Gary Hume / Jim Lambie / Laura Lancaster / Sarah Lucas / Haroon Mirza
Mike Nelson / Paul Noble / Cornelia Parker / Grayson Perry / Elizabeth Price
George Shaw / David Shrigley / Simon Starling / Wood & Harrison / Cerith Wyn Evans
Toby Ziegler
Place : 東京ステーションギャラリー
Address : 東京都千代田区丸の内1-9-1
Date : 2014年1月18日(土)~3月9日(日)
Time : 10:00 – 18:00
           ※金曜日は20:00まで開館
           ※入館は閉館の30分前まで
           ※毎週月曜日は休館
Charge : 一般900円 / 高校・大学生700円 / 小・中学生400円
               ※20名以上の団体は100円引き
               ※障がい者手帳等持参の方は100円引き、その介添者1名は無料
主催 : 東京ステーションギャラリー (公益財団法人東日本鉄道文化財団) / 朝日新聞社
          ブリティッシュ・カウンシル
協賛 : 野崎印刷紙業
後援 : 大和日英基金
協力 : 日本航空
————————————————————————————————————————

RANKING

  1. 1

TWITTER

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.