• Facebook
  • Twitter

HOME > NEWS > José Parlá “PROSE” Exhibition Photo

NEWS

José Parlá “PROSE” Exhibition Photo

2013/03/22 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

3月21日より開催されているJosé Parlá (ホセ・パーラ)の個展”PROSE”。
江東区東雲のYUKA TSURUNO GALLERYにて始まったこちらのエキシビションのギャラリーフォトを公開します。

新作を携え来日し、そして日本で制作したという15mにも及ぶ大作壁画を披露した今回の個展では10点以上の作品が巨大倉庫の中に作られたギャラリーの中に姿を現した。

タギングやペインティング、コラージュなどの様々な要素を感じさせるJosé Parláの作品は、間近で見た時に立体的なテクスチャーを知ることができ、また彼が描く独特な文字のようなラインの流れるリズムを感じることが出来る。

そして描かれる時に重ねられる幾層ものレイヤーを見てとることができ、作品と向かい合った時にこそ感じられる面白さが存分に詰まっている。

またHIPHOPを構成する要素であるMC、DJ、ブレイクダンス、グラフィティの全てを経験し、ストリートからキャリアをスタートさせた彼が描く作品がこのような形を帯びるということに加え、彼の背後にあるそういったカルチャーが作品の一部となっているということこそが一番の面白さと言えるのかもしれない。

———Information————————————————

José Parlá “PROSE”

Artist : José Parlá

Place : YUKA TSURUNO GALLERY (東雲)

Address : 東京都江東区東雲2-9-13 2F

Date : 2013年3月21日(木)〜5月18日(土)

Time : 火 – 土 11:00 – 19:00 (日・月・祝日休廊)

Opening Reception : 3月21日(木) 18:00 – 20:00

————————————————————————

José Parlá

1973年フロリダ州マイアミ生まれ。
ジョージア州のサバンナ美術大学とマイアミのニューワールド・スクール・オブ・アーツでペインティングを学び、現在はブルックリンを拠点に活動しています。
主な展示に『Stage』エマニュエル・ペロタン (パリ)、ダイチ・プロジェクト (ニューヨーク)、OHWOW (マイアミ)、『Walls, Diaries, and Paintings』 ブライス・ウォルコウィッツ (ニューヨーク、2011年)、『Character Gestures』OHWOW(ロスアンジェルス、2011年)、『Gesture Performing Dance, Dance Performing Gesture』BAM FISHER、ブルックリン音楽アカデミー (ニューヨーク、2012年)。
最近のプロジェクトに、第11回ハバナ・ビエンナーレでのフランス人アーティストJRとのコラボレーション『Wrinkles of the City』、ブルックリン新設されたバークレーズセンターのコミッションによる壁画制作『Diary of Brooklyn』 (2012年)、建築家SNOHETTAのコミッションによるノースカロライナ州立大学の壁画制作『Nature of Language』 (2013年)、ニューヨークMoMA、PopRallyのキュレーションによるパネルディスカッション (2013年)、ロンドンのICAでJRとの共同制作によるドキュメンタリーフィルム「Wrinkles of the City, Havana Cuba」上映 (2013年)など。
現在、ロンドンのHaunch of Venisonにて3フロア全館にわたる大規模な個展が開催中 (〜3月28日まで)。パブリックコレクションに大英博物館 (2013年)など。

http://www.joseparla.com/

RANKING

  1. 1

TWITTER

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.