• Facebook
  • Twitter

HOME > NEWS > “BRIGHT ON TIME” 制作風景

NEWS

“BRIGHT ON TIME” 制作風景

2013/05/08 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

あさって2013年5月10日(金)から5月17日(金)の間、恵比寿SPES-LaBにて開催されるFelix Arnold IIIKoutaro Ooyama a.k.a MONのコラボレーティングエキシビション”BRIGHT ON TIME“に先駆け、同スペース初めての試みであるFelix Arnold IIIを招聘したアーティスト・イン・レジデンス・プログラムによる、同エキシビションに向けた制作風景の様子が届いた。

Felix Arnold IIIは現在カリフォルニアのオークランドを拠点に活動しているアーティストで、ニューヨークのPratt Instituteでコミュニケーションデザインを学んだ後、San Francisco Art Instituteにてプリントメイキングの博士号を取得、ジャパニーズアートヒストリーにも深い造詣を持ち、MANGAの影響も見て取れる作風が特徴。

そして、恵比寿SPES-LaBのアートディレクターであり、今回のアーティスト・イン・レジデンス・プログラムのホストであるKoutaro Ooyama a.k.a MONは、京都市立芸術大学にて学士号を取得した後、山尾光平と共にライブペインティングデュオ”DOPPEL“を結成し世界各地でライブペインティングを重ね、個人ではネイティブアメリカン/サイケデリックアートに影響された特徴的かつビビッドなパターンで広く認知されているアーティスト。

木工所での加工等を経てかなり大掛かりな装置を制作している様子が見受けられるが、彼らの普段のスタイルとはまた違ったその様相に、”BRIGHT ON TIME“への期待が高まる。

初日のあさって5月10日(金)には19:00より同スペースでオープニングレゼプションパーティーも行われるので、是非足を運んでみてもらいたい。

———Information——————————————————————————

BRIGHT ON TIME

Artist : Koutaro Ooyama a.k.a MON / Felix Arnold III
Place : SPES-LaB Gallery
Address : 東京都目黒区三田2-3-20-2F
Date : 2013年5月10日(金)〜5月17日(金)
Time : 平日 18:00 – 23:00 / 土日祝 13:00 – 23:00
Tel : 03-6303-2900
Charge : 無料

オープニングレセプション

Date : 2013年5月10日(金)
Time : 19:00 – late
Charge : 無料

——————————————————————————————————

Koutaro Ooyama a.k.a MON

1979年奈良県に生まれ。京都市立芸術大学にて学士号取得。
MON の作品領域はインスタレーション、カンバス、壁画などを通して探求されている。
彼の視覚的言語は彼の表層の全域に渡る色、そしてパターンの混合の内に存在している。
近年ではソロ及び2001年に結成されたライブ・ペイント・デュオ”DOPPEL”におけるライブペインティングパフォーマンスが活動の中心となっている。
彼は革新的ヴィジュアルアーティストであり、また日本におけるライブペインティングシーンのパイオニアの一人でもある。
また国際的にも彼のこの芸術領域における功績は非常に高く評価されている。
彼はまた今回の招聘プロジェクトのホストであり、著名な”TRY&ERROR” 誕生の場となったオルタナティヴクリエイティブスペース/ギャラリーであるSPES-LaBの主宰であり影のブレインとしても知られている。
これまでに愛知万博出場(2005年)、DOPPELとしてのポートランドのNIKE RESOURCE LIBRARYにおける壁画作成(2007年)、大阪におけるISSEY MIYAKE Inc./ELLTOBとのコラボレーション(2008年)などの活動がある。
最近では、DOPPELとしてFacebook東京オフィスでの壁画作成を成功させた。
海外に於いても、ポートランド、ロサンジェルス、サンフランシスコ、マイアミ、ボンベイ、モンゴルなどで作品を提供しており、”Yabugarashi”名義での音楽制作も行っている。

 

Felix Arnold III

カリフォルニア、オークランドを拠点に、高い評価を受ける多才なアーティスト。
ニューヨーク、ブルックリンのPratt Instituteにおいて美術学士号取得、その後San Francisco Art Instituteにおいて版画制作の高度研究クラス修了。
彼の作品は様々な社会問題や環境問題に取り組む為に、数々の表現手段(ペインティング、ドローイング、版画、彫刻、インスタレーション、パフォーマンス、音楽)を融合させている。
視覚的、聴覚的、触覚的そして概念的要素を作品の中で混合する事により、アーノルドは実在の視覚的物語の中を歩いている様な感覚的経験を創出している。
彼の作品は、The Luggage Store, 941 Geary, Ichy’s Gallery, Babylon Falling, Bold Hype, Shooting Gallery, Queens Nails, Old Crow Galleryなどの著名ギャラリーで紹介されており、また 2013年6月には、SFMOMA(サンフランシスコ近代美術館)にて彼の作品が展示予定である。
複数の分野にまたがる彼のヴィジョンを以て、アーノルドは観る者がアートを経験する方法に革命をもたらそうとしている。
多くの場合、作品に対しての接触や音響を組み込む事により、アーノルドは彼の作品を観る者の、双方向的且つ全身的な経験を生み出す事を可能にする。
ペインティング、インスタレーション、音楽、何れにせよ彼の作品はこの世界での生存と人間の経験の物語を語る。
それは相互関連性、変化、対話、葛藤を探求し、またアーノルドは多くの場合に直感的サウンドと彼の精巧に造り出された世界の中に居る観客達と密接にコネクト出来る能力を持った音楽アーティストを迎えている。

 

RANKING

  1. 1

TWITTER

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.