• Facebook
  • Twitter

HOME > NEWS > AJ Fosik “Beast from a Foreign Land”

NEWS

AJ Fosik “Beast from a Foreign Land”

2014/04/21 UP

このエントリーをはてなブックマークに追加

現在表参道のhpgrp GALLERY TOKYOでは、AJ Fosik 「Beast from a Foreign Land – 東京の12人のアーティストとAJ Fosikのコラボレーション展 -」が開催されている。

同展は、オレゴン州ポートランドの木工アーティスト、AJ Fosik (エージェー・フォシック)と東京にいる12人のアーティストがコラボレーション作品を発表するというエキシビションだ。

AJ Fosikは木工によって邪悪にも神々しくも見える獣のモチーフをオリジナリティ溢れる立体作品として発表し世界各国から注目を集めるアーティストであるが、そのFosikによる色が入る前の作品を東京の12名のアーティストたちが自由にカスタムしコラボレーション作品を発表している。(画像はAJ Fosik過去作品掲載)

現在世界的にもクリエイティブシティとして注目を集めるポートランドで活動し、注目されるAJ Fosikは、ミシガン州デトロイトの工業地帯で育った。
少年期、『モーターシティー』のアンダーグラウンドミュージックと強烈なカルチャーにどっぷりと浸かったのち、1990年代後半にはパーソンズ・スクール・オブ・デザインに通うためにNYヘと移り住んだ。

NYで、彼はすぐに”Rot Gut Collective”というクルーを作り、KGBEと共に伝統的なグラフィティの限界を模索した。Rot Gut Collectiveは看板型の作品を屋外に設置する手法を得意とし、急成長していたニューヨークのストリートアートシーンで注目を集めた。

しかしAJは肥大しすぎたストリートアートシーンにはのめり込まずに、看板作品作りで学んだ木工に目を向けたのである。
そこから彼の作品のアイコニックな獣たちが生まれることとなるのだが、2005年、古いピックアップトラックにオートバイとノコギリを積んでニューヨークを去ったAJは、道中に様々な仕事 – 大工、タクシードライバー、メカニック等々 – をしながらアメリカ大陸を横断することに。
そして彼はその後も各地を転々と旅し続けた。
そうしながらも彼の作品の評判は徐々に上がり、アメリカ各地のギャラリーで展示をし始める。

彼は現在、ニューヨーク、パリ、サンフランシスコのギャラリーから作品を発表し、ベルリン、サンパウロ、ロンドン、ミラノでの個展も成功させている。
またサムスンUSA、ワーナーブラザーズ、フェージ、サイオンなどの世界的な企業とのコラボレーションプロジェクトも実現してきた。

そして今回の作品は、アメリカ西海岸オレゴン州ポートランドより海を渡ってやって来ることとなった。

果たして、旅多きアーティストが東京で出会ったアーティストとの共作は如何に。

2011年、RED ONE PRESSが行ったAJ FOSIKへのインタビューはこちら ▶

———Information——————————————————————

AJ Fosik “Beast from a Foreign Land”
「東京の12人のアーティストとAJ Fosikのコラボレーション展」

Artist : AJ FOSIK
Collaboration Artists :
 SHOHEI / MHAK / imaone / Koichiro Takagi / KAZ /
 Madsaki / yoshi47 / 荻野竜一 / Hiro Kurata / 澁谷忠臣 /
 USUGROW / 苦虫ツヨシ

Place : hpgrp GALLERY TOKYO
Address : 東京都渋谷区神宮前5-1-15 CHビル B1F
Date : 2014年4月18日(金)~5月11日(日)
Time : 11:00-19:30 (火曜〜日曜開廊、月曜定休日)
Tel : 03-6805-0840
※5月5日(月)は開廊
——————————————————————————————

RANKING

  1. 1

TWITTER

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.