• Facebook
  • Twitter

HOME > ARTIST LIST > 大山エンリコイサム

大山エンリコイサム

美術家。1983年、イタリア人の父と日本人の母のもと東京に生まれる。慶應義塾大学卒業後、東京芸術大学大学院修了。「Quick Turn Structure(急旋回構造)」という独特のモチーフを軸に、ペインティングやインスタレーション、壁画などの作品を発表する。また現代美術とストリートアートを横断する視点から、論文執筆やシンポジウムへの参加も並行して行なう。2011年秋のパリ・コレクションではCOMME des GARÇONSにアートワークを提供するなど積極的に活動の幅を広げている。主な展示に「あいちトリエンナーレ2010」(名古屋市, 2010)、「Padiglione Italia nel mondo : Biennale di Venezia 2011」(イタリア文化会館東京, 2011)など。共著に『アーキテクチャとクラウド―情報による空間の変容』(ミルグラフ, 2010)、論文に「バンクシーズ・リテラシー――監視の視線から見晴らしのよい視野にむかって」(「ユリイカ」2011年8月号、青土社)など。アジアン・カルチュラル・カウンシル2011年度フェローシップ(ニューヨーク滞在)。

Artist. Born in Tokyo, 1983, from an Italian father and a Japanese mother. Keio University (Bachelor), Tokyo University of the Arts (Master). “Quick Turn Structure” is the recurrent motif of his work including painting, installation and mural. Based on his very unique perspective across contemporary art and street art, his practice also expands to writing critical texts, participating symposia and commission works such as one for COMME des GARÇONS in Paris Collection 2011. Principal exhibitions: “Aichi Triennale 2010”(Nagoya City, 2010), “Padiglione Italia nel mondo : Biennale di Venezia 2011″(Italian Cultural Council Tokyo, 2011). Principal thesis: “Banksy’s Literacy――From Surveillance Gaze toward Transparent Sight”(EUREKA, August 2011 Issue, Seido-sha). 2011 Fellowship of Asian Cultural Council (New York).

BACK TO ARTIST LIST

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.