• Facebook
  • Twitter

HOME > BLOG

BEYONCEにインスピレーションを受けたタイポグラフィ

アメリカのイラストレーター/フォトグラファー、Vivian Lohさんの”THE ABC’S OF BEYONCE”シリーズが素敵です。

このシリーズは、皆様ご存じ超有名アーティストBEYONCEからインスピレーションを受けてデザインされたタイポグラフィーです。

ただし、全てのアルファベットが特定のどこのシーンからインスピレーションを受けているかが分かる人は少ないかもしれません。

早速、作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

もっと彼女の作品が見たい方は以下からどうぞ。

http://www.vivianloh.com/

posted by old tokyo

顔の無いポートレートフォトシリーズ

ドイツのアーティスト、Noe Sendasさんの作品が素敵です。

このシリーズは、人間の表情や体の一部を切り取ったポートレートシリーズです。

ポートレートと必ず共にある表情という感情を喚起するものが一切排除された作品は、また違う感覚を立ち上がらせます。

早速作品をどうぞ。

いかがでしたしょうか?

彼の事が気になった方は、現在は工事中ですが、下記サイトをチェックしてみてください。

http://www.noesendas.com/

posted by old tokyo

最高級の技術で創られたプラモデルのようなアート作品

日本のアーティスト、金田勝一さんの”Human’s Own Evo”シリーズが素敵です。

このシリーズは、シュモクザメがF1マシンに変態する状態を、一流の成形技術と塗装技術で表現したアート作品です。

実際のフェラーリを修復する際に使用する塗装技術も一部駆使しているという徹底ぶりですが、作品を見ればその技術の高度さはすぐに伝わってきます。

制作の源には幼少期に熱中したプラモデル作りの原体験があるそうで、日本人の男の子であればだれもが共感できる感覚なのではないでしょうか。

それでは、作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

彼は京都市立芸術大学で教鞭を執っています。

プロフィールは以下からどうぞ。

http://www.kcua.ac.jp/professors/kaneda-shoichi/

posted by old tokyo

闇夜の中に浮かぶ発光体が醸し出す詩的な世界

カナダはキューベックのファインアーティスト、Benoit Pailléさんの”Alternative Landscapes”が素敵です。

このシリーズは、なるたけ人の介在を排除したそのままの夜景の中に、不可思議な正方形の発光体が重力とは無縁に宙に佇む様子を映しています。

そして、有機的な背景と無機質ながらも優しく光る物体の相互関係が、得も言われぬ詩的な世界を醸成します。

早速作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

もっと彼の作品を見たい方は以下から。

https://www.behance.net/Benoitp

posted by old tokyo

キースヘリングが地下鉄に描いていた当時の生の雰囲気が味わえるフォトシリーズ

カリフォルニア生まれ、パリ在住のフォトグラファー、Christopher Morrisさんの”NYC Subway 1981″が素敵です。

このシリーズは、そのタイトル通り1981年のニューヨークの地下鉄を撮ったフォトシリーズなのですが、見るものをまるでそこにタイムスリップさせるかのごとく強烈な雰囲気が閉じ込められている秀逸なシリーズに仕上がっています。

まさに脚光を浴び始めたばかりのグラフィティが壁を覆い尽くし、その中にはあのキースヘリングが黒板に描いた作品までもが登場します。

今は美術館でしか見られない彼の作品ですが、この当時のグラフィティの中に混じったキースの作品がどれほど異質だったかが伝わってきます。

それでは、作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

もっと彼の作品が見たい方は以下から。

http://www.christophermorrisphotography.com/

posted by old tokyo

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.