• Facebook
  • Twitter

HOME > BLOG

その場所を違う時間に通り過ぎていった人たちが一枚の写真の中に同居する不思議なシリーズ

ボストン在住の写真家Pelle Cassさんの”Selected People”シリーズが素敵です。

このシリーズは同じ場所から何枚もの写真を撮影し、その瞬間にその場にいた人達をセレクト、合成するというシンプルなものですが、微妙に時間の異なる瞬間にその場にいた人達が同じ一枚の写真の中に同居するという視覚的にとても興味深いシリーズになっています。

早速、作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

もっと彼の作品が見たい方は以下からどうぞ。

http://www.pellecass.com/#home

posted by old tokyo

闇夜に佇む信号がただただ暗闇を照らすフォトシリーズ

ドイツの写真家、Lucas Zimmermannさんの”Traffic lights”シリーズが素敵です。

このシリーズはシンプルに長時間露光で信号を撮ったものなのですが、闇夜に佇む信号がただただ暗闇を照らす様子が空気感も含めて伝わってくるような秀逸なものになっています。

早速、作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

もっと彼の作品が見たい方は以下から。

https://www.behance.net/lucasz2005

posted by old tokyo

たった一つの異分子が伝統的なペインティングをシニカルなものに激変させるシリーズ

オーストラリアのペインター、Matthew Quickさんのペインティングが素敵です。

彼は、大学の講師、写真家、清掃業者、セールスマン、アートディレクター、コピーライター、インテリアデザイナー、そして広告代理店Q&Aのファウンダーなど、ペインターとしては奇天烈な経歴を持つアーティストで、筋がね入りのトラベラーでもあります。

今となっては名だたるアートプライズを総なめする彼の作品群の中から今回ご紹介するのは”Accidental Empires”というペインティングシリーズです。

このシリーズは、伝統的な手法で描かれた彫刻に現代的なモチーフが異分子として混ざりこみ、Banksyにも通ずるようなアナーキーでアイロニックな感覚を感じさせる作品に仕上げた作品群です。

それでは、作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

もっと彼の作品を見たい方は以下から。

http://www.matthewquick.com.au/home.html

posted by old tokyo

スケッチがそのまま現実に現れたような家具たち

日本のデザイナー、府川大吾さんの”rough sketch product”が素敵です。

このシリーズはスケッチブックに殴り描いたようなラフスケッチが、そのまま具現化したような不思議な家具シリーズです。

白バックで撮影されると、逆に人々がスケッチブックの中に迷い込んでしまったかのような錯覚をさせる興味深いシリーズになっています。

早速作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

この作品が好きな方は以下の作品も是非見てみてください。

未完成のスケッチのような食器

posted by old tokyo

亡き妻と撮ったウェディングフォトを父と娘がなぞらえたシリーズ”Moving without mom”

2009年の結婚と共に新居を購入したBen NuneryさんとAliさんの二人は、記念にその真新しい家でウェディングフォトを撮影しました。

その4年半後、悲しい事にAliさんはガンによって31歳という若さでこの世を去ってしまいます。

そして、このフォトシリーズ”Moving without mom”は、その間に二人が授かった女の子OliviaとBenさんが、二人がこの家から引っ越す日に2009年に撮られたウェディングフォトを二人でなぞらえるというものです。

Aliさんが旅立ってしまったことは悲しい事だけれど、Oliviaという新しい希望を得たこの家族の未来がとても楽しみになるフォトシリーズとなっています。

それでは、作品をどうぞ。

いかがでしたでしょうか?

もっと大きな画像でこのシリーズを見たい方は以下からどうぞ。

http://www.today.com/slideshow/today/moving-without-mom-53844149

posted by old tokyo

ABOUT

RED ONE PRESS(レッド・ワン・プレス)はアートを中心としたストリートカルチャーの情報を発信するアートウェブマガジンです。私たちは国内アートシーンの発展や日本のアーティストを世界に広めるということを目標に掲げ、私たちの注目するアーティストや出来事を価値ある情報として扱い、このサイトを運用します。

Produced by en one tokyo

Copyright©2013 RED ONE PRESS All Rights Reserved.